3月12日に開催されました「第22回 国産野菜の契約取引マッチング・フェアin東京」に出展いたしました。

今回は青果用品種である「シンシア」「アローワ」「サッシー」を中心に展示と試食を行い、多くの関係者様とお話をすることができました。

これまで、試食では馬鈴しょを蒸し器で蒸して品種本来の食味を確認して頂くことを重視いたしましたが、今回は加工適正の高い品種であるシンシアをアピールするために「じゃがいもおでん」を提供いたしました。

特にシンシアは皮が剥きやすく、煮込んでも煮崩れが少なく、おでん汁も濁りにくい品種です。食品メーカー様はじめ、ブースにこられた方々には十分アピールすることができたと感じております。

しかし、ブース全体が大人しくなってしまいインパクトに欠けた点が今後の課題です。やはり、馬鈴しょにこだわっている企業ですから、来場者様の印象に残るブース作りもこれから改善したいと感じております。

次回は当社でも切望していた北海道での開催が予定されております。馬鈴しょの大産地で積極的にPRを行いたいと考えております。


アルバンのご紹介

今回は「アルバン」という品種のご紹介です。

「アルバン」は2012年度に登録された新品種です。食感は粘質系で肉色は淡い黄色です。
栽培上では初期生育が遅いため、十分に浴光育芽を行い、芋の二次成長を避けるために、多肥や窒素過多を避けて下さい。比較的どんな調理法にも合う品種ですが、煮物や揚げ物に良く合います。

「アルバン」については、カルビーポテト(株)様の馬鈴しょ専門雑誌「ポテカル」No.90(2013年12月)にも、掲載されております。

同号では、茨城県在住の栄養士・調理師の藤田奈津美さん(ご主人が馬鈴しょ生産者)によるレシピと品種分析が掲載されております。

(ポテカル紙面は編集・販売元である(株)農業技術通信社様より許諾を得ています)


10月31日に福岡国際会議場で開催された「第21回国産野菜の契約取引マッチング・フェアin福岡」に出展いたしました。当社は前回の東京開催に続き、2回目の出展となりました。
ご来場いただきましたお客様、誠にありがとうございました。御礼申し上げます。

当フェアは九州では初めての開催となり、来場者数は過去最多の580名となり、当社ブースにも沢山のお客様にお立ち寄りいただきました。

今回は、青果用で主力となっているシンシア、アローワ、サッシーを展示し、試食も実施いたしました。お客様の中には、これらの品種を良くご存じの方も多数おられ、徐々に品種の認知度が高まっている事を確認することができました。また、加工向け馬鈴しょの商談も多く、加工需要の伸長を実感するフェアとなりました。当社の品種選定も栽培特性や食味はもちろん、今後は加工適正についても大変大きな要素になってくると実感いたしました。

出展者の方々から様々なお話を聞く事でき、大変参考になる部分もあり、実りの多い展示会となりました。

次回「第22回国産野菜の契約取引マッチング・フェア」は2014年3月12日に東京国際フォーラムで開催の予定です。当社も出展を検討しておりますので、ご興味をお持ちになられた方は是非ご来場ください。


カルビーポテト(株)様の馬鈴しょ専門雑誌「ポテカル」No.89(2013年10月発行)に、弊社オリジナル品種「ディンキー」が掲載されました。

同号には、茨城県在住の栄養士・調理師の藤田奈津美さん(ご主人が馬鈴しょ生産者)によるレシピ『ディンキーのきのこピザ』とご自身による食味の分析結果が掲載されています。藤田さんは油との相性が良い特長を活かし、「ディンキー」そのものをピザの生地として利用していらっしゃいます。

「ディンキー」は大きいサイズのいもがたくさん採れ、家庭菜園用としても楽しめる品種です。現在はまだ流通量が少なく、皆様にお目にかかる機会は少ないかもしれませんが、是非このレシピにも挑戦してみてください。

(ポテカル紙面は編集・販売元である㈱農業技術通信社様より許諾を得ています)


本年度の春作産種馬鈴しょの本格出荷が始まりました。

現在スーパー等の店頭に並んでいる青果物は北海道産ですが、1月になると鹿児島県(離島)産が店頭に並びます。
その後、生産~出荷される場所は徐々に北上し、7月下旬頃から再び最大産地である北海道から出荷が始まります。日本ではこの様な「リレー栽培」により皆様の食卓へ1年を通して青果物が供給され、これはちょうど桜前線が北上するのと同様です。

これに先立ち、青果物を生産するための種馬鈴しょの植え付けは、鹿児島県(離島)で10月から始まり、徐々に北上し北海道や本州の高冷地では翌年5月の植え付けとなります。

上の写真は鹿児島県(離島)に種馬鈴しょが到着し生産者へ配布されている様子です。
その後、生産者の方々が種馬鈴しょを植え付け、青果物が生産されます。この出荷を皮切りに南から順に生産、出荷される青果物用の種馬鈴しょの本格的な出荷が始まります。

当社では、世界中から美味しく優良な品種を日本の皆様へご提案し、豊かな食に貢献すべくそれらの種馬鈴しょを日本全国のお客様へ提供させて頂いております。

(中野)


2013年10月31日(木)に開催される国産野菜の契約取引「マッチング・フェア in 福岡」に弊社が出展致します。

農産物マッチング・フェアは野菜専門の展示商談会で、生産地と実需要者を結ぶ架け橋となる商談会です。
九州では初開催で、第21回目となる今回は全国から過去最多となる120社を超える生産者や加工業者が出展予定です。

弊社は2回目の出展となりますが、オリジナル品種を中心に展示する予定で、シンシア、アローワ、サッシーなど青果販売の主力品種については試食も実施致します。
皆様のご来場をお待ち申し上げております。

日時:2013年10月31日(木) 10:30~16:30
会場:福岡国際会議場 多目的ホール
住所:福岡県福岡市博多区石城町2-1 地図 >>

農産物マッチング・フェア in 福岡 HP


Page 3 of 4

    Latest Column

    Latest News