株式会社ジャパンポテトは2016年10月に親会社である株式会社ホーブと合併し株式会社ホーブ ジャパンポテト事業部として、従来同様の事業を展開しております。

理念

株式会社ホーブ ジャパンポテト事業部は2000年に旧株式会社ジャパンポテトとして設立されて以来、優良な種馬鈴しょ等の種苗販売を通じ皆様に新しい食の価値を提案してまいりました。

特に、フランスで第1位の馬鈴しょ育種・種イモ販売会社であるジェルミコパ社育成の「シンシア」「サッシー」「アローワ」をはじめとした優良品種は、当社が日本国内において独占販売権を有し、トップシェフから一般消費者の皆様まで『フランスならではの風味を有したユニークな品種』と非常に多くの方々からご好評を頂いております。

今後もジェルミコパ社と恊働で馬鈴しょの新しい魅力を伝えるとともに、民間で唯一オリジナル品種を有した種馬鈴しょ販売会社として、日本の気候や栽培条件、皆様の嗜好にマッチしたオンリーワンで優良な品種を幅広くお届けする事で今後も日本農業に貢献したいと考えております。

 

会社・事業部概要

名称 株式会社ホーブ ジャパンポテト事業部
代表取締役会長 髙橋 巖
代表取締役社長 政場 秀
所在地 〒132-0034
東京都江戸川区小松川3-3-2
株式会社ホーブ 東京本部
TEL. 03-3684-2250 FAX. 03-3684-2233
E-mail japanpotato@hob.co.jp
事業内容 種馬鈴しょ等の種苗販売
設立 1987年(昭和62年)6月
資本金 421百万円
アクセス 八丁堀駅(JR京葉線・東京メトロ日比谷線)より徒歩1分

 

事業部沿革と事業の歩み

2000年 キリンビール(株)と農事組合法人黄金崎農場(現(株)黄金崎農場)の共同出資により当社設立
2001年 キリンビール(株)がジェルミコパ社(フランス)の株式を取得し、フランスで育成された新品種の日本への導入を本格化
2003年 ジェルミコパ社育成品種「シンシア」が種芋登録され、オリジナル品種第1号として種馬鈴しょの販売開始
2004年 品種「シェリー」「ジョアンナ」が種苗登録
2006年 主要株主がキリンビール(株)よりキリンアグリバイオ(株)へ変更
品種「チェルシー」「コロール」が種苗登録
2009年 品種「アローワ」「サッシー」が種苗登録
2010年 キリンアグリバイオ(株)がジャパンアグリバイオ(株)へ社名変更
品種「デフラ」が種苗登録
2011年 品種「レッドカリスマ」が種苗登録
2012年 品種「アルバン」が種苗登録
2013年 品種「ディンキー」が種苗登録
株式会社ホーブの完全子会社となる
2016年 100%親会社である株式会社ホーブと合併し、株式会社ホーブ ジャパンポテト事業部として事業展開を開始

大きい地図で見る

pmapgrandeジェルミコパ社はフランスで第1位、世界で第4位の馬鈴しょ育種・種販売会社です。フランスにおける馬鈴しょ生産の中心地であるブルターニュ地方の大西洋岸の都市カンペール (Quimper) に本社があります。