第22回 国産野菜の契約取引マッチング・フェアin東京に出展

3月12日に開催されました「第22回 国産野菜の契約取引マッチング・フェアin東京」に出展いたしました。

今回は青果用品種である「シンシア」「アローワ」「サッシー」を中心に展示と試食を行い、多くの関係者様とお話をすることができました。

これまで、試食では馬鈴しょを蒸し器で蒸して品種本来の食味を確認して頂くことを重視いたしましたが、今回は加工適正の高い品種であるシンシアをアピールするために「じゃがいもおでん」を提供いたしました。

特にシンシアは皮が剥きやすく、煮込んでも煮崩れが少なく、おでん汁も濁りにくい品種です。食品メーカー様はじめ、ブースにこられた方々には十分アピールすることができたと感じております。

しかし、ブース全体が大人しくなってしまいインパクトに欠けた点が今後の課題です。やはり、馬鈴しょにこだわっている企業ですから、来場者様の印象に残るブース作りもこれから改善したいと感じております。

次回は当社でも切望していた北海道での開催が予定されております。馬鈴しょの大産地で積極的にPRを行いたいと考えております。